私が体験した医学部予備校での授業内容

1年間の浪人を経て医学部に入学した

医学部 予備校医学部予備校Clover(クローバー)公式サイト

私は現役の医大生ですが、1年間の浪人を経て入学しています。
高校3年生の頃に受験に失敗し、入学できなかったのです。
しかし高校卒業後に医学部予備校に通うようになり、次のチャンスで無事に合格できました。
今振り返ってみても、合格の秘訣は間違いなくその予備校での授業内容にあったと思っています。
まず入って早々に驚いたのが、中学生レベルの問題から取り組まされたことでした。
私が通っていたところではここで満点を取れなければ、先の課題に進ませてもらえなかったのです。
高校を卒業している人間を侮り過ぎではないかと、最初はとても感じました。
ところがいざこうした問題に向き合ってみると、基本的なことが何も解っていない自分に気付きました。
例えば数学の定理や理科の化学記号、何てことないはずの漢字の読み方までちゃんと答えられない私がいます。
このときになって初めて、1度受験に失敗した理由が分かったような気がしました。
同様に、同期で入った他の生徒たちも苦戦していました。
いかに自分たちにとって医学部が遠い存在なのか、きっと予備校側はそれを教えたかったのでしょう。

1年間の浪人を経て医学部に入学した中学と高校の勉強は密接に繋がっていたと実感良い予備校と出会えて、心から幸せです